眠れない夜はサム・テイラーを聴くとお洒落!って話

あいかわらず昼夜逆転してる。
最近、不眠症なんだろうか・・・昔から睡眠時間は少ない方だったけど、最近は4時間ぐらいしか寝てないぞ。おかげで昼間は眠い。そのくせ夜になると目がギラギラして神経が高ぶる。なにしろやる事が多い。本も読みたい映画も観たいねんどろいどで遊びたいトランプの練習も・・・。
寝てる暇なんか無い!
で、どうせ寝ないなら、楽しんだ方が良い。
って事で、オレが夜に聴いてる音楽の紹介。
聴くと言っても、本を読んだりトランプの練習したりの間に流れてるBGMだな。
あっ、何かの本で読んだけど、勉強したり本を読む時にBGMは有る方が良いけど、それは「歌の無い」曲だ。つまり人間が唄ってない曲。日本語でも外国語でも、人間が唄ってると意識が歌詞(人間の言葉)の方に引っ張られて、効率よく勉強なり読書は出来ない。
勉強なんて大事な「作業」をする時には「歌の無い」曲がオススメだ。

で、オレのお気に入り・・・。
何度も書いてるけど、サム・テイラーだな。
「テナー・サックスの帝王」なんて呼ばれてるけど、それはあくまで日本限定
元々、ジャズ畑の出身だけど、アメリカじゃ鳴かず飛ばずで名アルバムなんてのも残してない。それが日本にやってきて、演歌を吹いたところ折からのムード歌謡のブームに乗って大ヒット。
演歌の他にも欧米のスタンダードなんかも吹いてかなりのブームになったのだ。
オレが子供の頃なんて、ちょっとお洒落な家にはサム・テイラーレコードが置いてあった。
サックスって言うと、ソニー・ロリンズやらジョン・コルトレーンなんかが思い浮かぶけど、彼らは・・・
ホンマもんの帝王!
まさに天才!
あの人らがやってるのは、ジャズだからな。サム・テイラーの演ってるのは「イージー・リスニング」と言っても良いだろ。気合いを入れて聴く時はロリンズ「サキソフォン・コロッサス」なんてのを聴くのも良いけど、本を読んだりしながら聞くにはサム・テイラーが合うのだ。
IMG_20170808_132714
もちろん何枚もCDを持ってるぞ。スタンダードを吹いてるものや演歌を吹いてるもの。
彼の唯一とも言えるヒット作がこれ・・・。
「ハーレム・ノクターン」だな。
昔、ドリフターズのちょっとエッチなコントなんかで使われてた。


これ、子供の頃に聴いた時は、なんか危険な匂いがしてズボンの前を押さえたもんだww
サックスの音色が良いんだよな。なんて言うか、震えるような音色・・・。
こんなもん、太陽がギンギラ輝いてる昼間に聴いても、雰囲気もクソもない。深夜に聴くから雰囲気が出て魅力が倍増する。
普通のスタンダードもいろいろ演ってるけど、かなり好きなのが「ダニー・ボーイ」
元々はアイルランド民謡だけど、1913年に詩が付けられて発表されたものだ。いろんな人が唄ってるスタンダードだ。オレもカラオケで唄う(涙)

Oh Danny boy, the pipes, the pipes are calling
From glen to glen, and down the mountain side
The summer’s gone, and all the roses falling
‘Tis you, ‘tis you must go and I must bide.
But come ye back when summer’s in the meadow
Or when the valley’s hushed and white with snow
‘Tis I’ll be here in sunshine or in shadow
Oh Danny boy, oh Danny boy, I love you so.

演歌からも一つ紹介しとこうか。
あれだぞ!?
演歌っていうと毛嫌いする人も多いかもだけど、「日本の心」だと思ってるからなww
森 進一「港町ブルース」・・・。これも流行ったな・・・。オレが2歳か3歳の頃だと思うけど、いたる所で流れてた。みんなが唄ってるからオレも唄ってたし(涙)

そういえば、いつもこの曲をカラオケで唄ってた大阪の坪倉君、元気にしてるんだろうかww
もう20年以上会ってないな(泣)
0fdd457584c20d9d7094ec49b0068673_m
何か作業をしながら聴くには、サム・テイラーは最適だな。夜限定だけど・・・。
オレは飲まないけど、誰かを部屋に連れ込んだ時には、サム・テイラーを流して酒を飲ませるぞw

 

そういえば、かなり以前に言われたことがあった。
ソニー・ロリンズやらジョン・コルトレーンと比べたら、サム・テイラーなんかゴミ!
って・・・。
あのな・・・
演ってるジャンルが違うだろ~が!
ロリンズやらコルトレーンが演ってるのは、ホンマもんのジャズ!
サム・テイラーとは別物だろ。
ロリンズ「サキソフォン・コロッサス」なんてのは名盤中の名盤だし、一曲目の「セント・トーマス」なんてのは超有名だけど、ああいうものは、ちょっと気合いを入れて聴く。
今日はジャズを聴きたい!って気分の時に手を止めて聴く
音楽に集中して聴くのだ。
かと言って、トミー・フラナガンのピアノがどうのこうのマックス・ローチのドラムがどうのこうの・・・なんて教条的な事は考えないぞ。(ジャズの好きな人にたまに居る)
オレが好きなのは「音楽」だからな。
読んで字のごとく「音を楽しむ」だ。
オレは「音楽」は好きだけど、「音学」は好きじゃない!

いつものバイト君の下書きチェックだ。

バイト君:ハーレム・ノクターンwww

何がおかしいんだよ!

バイト君:前は良く聴かされたなぁ、と思ってww

雰囲気作りだわ(汗)

バイト君:雰囲気ねぇ・・・。
なら、仕事場でブルーハーツを流すのは止めてください!

眠気覚ましだわ!

本格ジャズの入門には、これ!




次回の予定~
躾(しつけ)の出来てない子供は大嫌い!って話
それと、大脱線して少し政治的な話。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain