「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」って本の話

最近、気になってる本が有る。
気になってるけど、買ってはない。(買う気もない)
まぁ、真面目な本じゃないんだけどね、こういう本だ。

「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」

けっこう売れている本らしいんだけど、内容はというと・・・。
村上春樹太宰治川端康成三島由紀夫等々の文体模写(パスティーシュ)により「カップ焼きそばの作り方」をまとめたもの。

たとえば村上春樹の章では、

村上春樹 『1973年のカップ焼きそば』

 

きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない。エレベーターの階数表示を眺めるように、ただ見ているだけだ。
勝手に液体ソースとかやくを取り出せばいいし、容器にお湯を入れて五分待てばいい。その間、きみが何をしようと自由だ。少なくとも、何もしない時間がそこに存在している。好むと好まざるにかかわらず。
読みかけの本を開いてもいいし、買ったばかりのレコードを聞いてもいい。同居人の退屈な話に耳を傾けたっていい。それも悪くない選択だ。結局のところ、五分間待てばいいのだ。それ以上でもそれ以下でもない。
ただ、一つだけ確実に言えることがある。
完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

って書かれてるんだけど、

上手い!ww
特徴をよく掴んでるよなぁ。たしかに村上春樹っぽいww

文末の「完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」ってのはデビュー作「風の歌を聴け」の冒頭に出てくる有名な文章「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」を完璧に意識して書かれてる(笑) ほとんどパクリだな。

この「風の唄を聴け」は大好きな小説なんで、このフレーズもよく覚えてるんだけど、いろんな文豪の文体を真似て「カップ焼きそばの作り方」を書いてるところがウリだそうだ。
この本、活字中毒の人なら、あ~、なるほどね!って頷ける内容らしんだけど、オレは買わないかな。
ホントに文豪たちだけを模写してるなら買うけど、星野源やら小沢健二らのミュージシャン、有名ブロガーに有名youtuberの文体も模写してるそうだからなぁ。

100パターン収録されてるそうだけど、ホントの文豪って何人が収録されてるんだろ?

いろいろ調べてたら相田みつをも収録されてるそうだ。

相田みつを 『カップやきそばだもの』
湯を入れる
五分待つ
湯切りをする
これだけなのに
むずかしい
すぐに食べたい
人間のわたし

うん、おもしろい!
相田みつをの匂いはする・・・。

だけどなぁ・・・。
それを読んだからと言って、

何がど~なるんだ?

この本、最初はTwitterでの呟きが始まり。
著者の一人、菊池良氏が「もしも村上春樹がカップ焼きそばの作り方を書いたら」の呟きをTwitterに投稿したのが始りで、そこから「もしも○○がカップ焼きそばの作り方を書いたら」シリーズはTwitter上でまたたくまに増殖。今回の出版に至ったそうだ。

これね、普通に文豪たちだけを模写してるなら買ってただろうけど、
オレは、youtuberやら有名ブロガーの模写なんて、金を出して買おうとは思わない。

 

 

4b3e8aabba

 

そういえば、そろそろノーベル賞のシーズンがやってくる。

今年は村上春樹、文学賞を獲るのかなぁ・・・。

たまに居るんだけど、村上春樹の文章は読みにくいストーリが分かりにくい、って言う人。
まわりの子に村上春樹を薦めても、よく分からなかった、って言われる事もあるし・・・。
そういう人には伊坂幸太郎を薦めてるぞ。
模写じゃないけど比喩を多用する文体村上春樹に似てると思う。それに、いくつも映画化されてるように、ストーリーは非常に分かりやすい。ちゃんと泣かせ所も押さえてるし、村上春樹は苦手だけど読んでみたいって人は、まずは伊坂幸太郎から読んでみると良いかもね。

 

子供時代の読書量が大人になってからの各種能力の高さにつながる!?って話
本を読む子と読まない子、仕事柄、その違いは肌感覚で感じていたけど、今朝の新聞に面白い調査結果が出ていた。本を読む子の方が「大人になってからの各種能力」が高いそうだ。各種能力って何だ?新聞を熟読したのでどんな違いいがあるのか簡単にまとめてみた。
【伊坂幸太郎】軽妙でユーモアのある独特の言い回しが楽しい『残り全部バケーション』
無性に伊坂幸太郎を読みたくなった。世の中はコロナウイルスでバタバタしてるし、こういう時こそ伊坂ワールドにどっぷりと浸りたい。って事で選んだのは『残り全部バケーション」。これ大正解だった。憎めない主人公、洒落た会話、回収される伏線・・・お見事!
【読書】村上春樹のエッセイはブログを書く人間にとって一つの教科書かもしれない!って話
村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ 2』を読んだ。小説と同じく独特の空気感が有って面白く読んだけど、ふと思ったのは、村上春樹のエッセイは雑記ブログの文章の手本になるんじゃないか?って事。何かに特化してる訳でもないブログには、こんな文章が似合う。
【読書】夏目漱石の『坊っちゃん』は歳を重ねて読むと景色が違って見える!って話
夏目漱石の『坊っちゃん』を再読。もう何度も読んでる小説だけど、これほど読むたびに読後感の違う小説も少ないんじゃないか。歳をとると共にいろいろ感じ方も変わって『坊っちゃん』の懐の深さに驚かされる。ただの勧善懲悪じゃない、理想と現実を描いた傑作。
【読書】全ページ伏線!?伊坂幸太郎の『ホワイトラビット』を堪能!って話
この本の帯に書かれてた文章は「全ページ伏線!?」こんな文章を目にすれば嫌でも気になる。伊坂幸太郎の『ホワイトラビット』を買ってみた。元々、伊坂作品のファンだけど、今回も楽しませてもらった。仙台で起きる立て籠もり事件、意外な脱出方法にビックリ。
「六枚のとんかつ」・・・不愉快きわまりない本だった。
実にくだらない本を読んでしまった。「六枚のとんかつ」だ。メフィスト賞の受賞作ってことなので読んでみたけど、小学生の作文レベル。これを選んだ選考委員の神経を疑う・・・。


村上春樹の書籍はこちら!~Amazon.co.jp~

次回の予定~
やっぱり映画「砂の器」は泣ける!って話
映画の方だぞ!ドラマ化されてる方じゃないww



コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain