秋の夜長は「中国行きのスロウ・ボート」で!(ジャズの名曲だぞ)

今年(2017年)のノーベル文学賞の受賞者の発表があったけど、う~ん、村上春樹、今年も受賞しなかったなぁ。
で、受賞したのは日系イギリス人のカズオ・イシグロ
恥ずかしながら、この人の事は全然、知らなかったんだよね。受賞のニュースを聞いてたんだけど、映画化もされた小説を書いてるそうだし、日本でドラマ化された作品もあるらしいじゃないか。

読んでみたい!

って事で、すぐにAmazonを覗いたんだけど・・・入荷待ちの表示(涙)
読みたいと思ったら、すぐにでも読みたい。基本的に読書は紙派(ハウツー物や雑誌系はkindle)なので、読むなら紙!散々、探し回った挙句、一番早く入荷しそうなオムニ7で予約した。
レビューを見る限り、なかなかの高評価が多いので楽しみ。

 

で、今回の話は・・・村上春樹と、彼に関連してジャズの名曲の話。
ノーベル文学賞の発表の日、久しぶりに彼の本を再読してみた。
今年は受賞しそうな気がしてたんだけど、まぁ、来年に期待!って事で久々に本棚の奥から引っ張り出してきた。
「中国行きのスロウ・ボート」だ。

オレが中学生か高校生の頃に出版された、村上春樹の初めての短編集。
もうね、この短編集・・・

何度読んだか分からない!

ってぐらい読んだな。
最初に読んだ時は、

変わったタイトルだな・・・

って思った記憶がある。
タイトルの「中国行きのスロウ・ボート」だけど、これについては、村上春樹自身が述べてるんだけど、

「もちろん例のソニー・ロリンズの演奏で有名な『オン・ナ・スロウ・ボート・トゥ・チャイナ』からタイトルを取った。僕はこの演奏と曲が大好きだからである。それ以外にはあまり意味はない。『中国行きのスロウ・ボート』という言葉からどんな小説が書けるのか、自分でもすごく興味があった」

村上春樹は、作家になる前はジャズ喫茶を経営してたぐらいだから、さすがジャズに造詣が深い。てか、ジャズに限らず音楽全般だ。「ノルウェイの森」ビートルズの曲名だろ。
そういうオレも、当時はジャズを少しばかり聴き始めた頃で、あの頃はもっぱらビル・エバンスのピアノを聞いてた。彼のPortrait in jazzなんて、歴史に残る名盤だと思ってる。そんなオレだから、周りがアイドルやらに夢中になってる姿を見て、

ガキだな!

なんて、エラソーに言ってた頃だww

そんなオレは、村上春樹の本のタイトルからソニー・ロリンズを知ったんだけど、言わずと知れたジャズ界の超ビッグ・ネームだ。(この辺りは、音楽の教師にいろいろリサーチして知識を得たw)

ピアノも飽きたしサックスでも聴いてみようか

って気分で、レコード屋さんに行ったんだけどね。あの頃は、レコード屋なんてのがたくさん有ったし、もちろんLPレコードだ。ソニー・ロリンズといえば、いろいろアルバムを出してるし、どれを選べば良いか分からない。とりあえず図書館で軽く下調べしてレコード屋へ。
どうやらSaxophone Colossusってのが、有名らしいことを知って迷わず購入。一か月の小遣いを母親から前借りだ(涙)

これね・・・

衝撃だった!

一曲目のSt.Thomasからぶっ飛んだからね。この曲は、聴いた事ある人も多いだろうけど、初っ端からグイグイ引っ張る牽引力。他に映画「悪の教典」で主人公の教師が鼻歌を唄いながら生徒を殺していくけど、その鼻歌Mack the Knifeの原型Moritatが収録されてる。
このアルバム、聴いてて心地よい。

名盤中の名盤!
こりゃ、すごいモノ聴いたわ!

って喜んだんだけど、懸案の「中国行きのスロウ・ボート」が収録されてない。今と違って、インターネットもないし、もちろんyoutubeなんて影も形もない時代だ。

村上春樹が小説のタイトルにするぐらいの曲って、どんな曲なんだ?
こんな凄いサックスを吹くソニー・ロリンズが演ってるって、どんな感じなんやろ?

もう、気になって気になってしかたない。
またまた図書館で調べてみた。
資料が悪かったのか、探し方が悪かったのか、なかなか見つけることが出来なかったんだけど、輸入盤に収録されてる事が分かった。
山口県の田舎に輸入盤・・・

有るわけない!ww

また母親に小遣いの前借りだ(涙)
本を買う金はいくらでも出してくれたけど、趣味に使う金は小遣いでやり繰りしてたのがマサト家の教育方針。
次の実力テストで一番を取る事を約束して、どうにか金を前借りww
その金で福岡までレコードを探しに行ったからな。
で、無事に見つけて、速攻で帰宅して聴いたんだけど・・・

名曲!

あれだな・・・名曲を名人が演ると・・・

もはや芸術!


 


「中国行きのスロウ・ボート」On a Slow Boat to China

これ、なんど聴いても良いな。
秋の夜長に、ソニー・ロリンズを聴きながら村上春樹を読む・・・

お洒落やんか!ww

autumn-219972china001

ちょっと「中国行きのスロウ・ボート」の曲について補足しとこうかな。
映画や舞台の挿入歌じゃなくて、単独の曲としてフランク・レッサー1947年に作詞・作曲。ロリンズの他にもベニー・グッドマンエラ・フィッツジェラルドなんかも取り上げてるスタンダード曲。
ジャズ畑だけじゃなくて、ポール・マッカートニーも演ってるそうだ。
村上春樹自身も、彼の著作「村上ソングズ」の中で、この曲の訳詞とエッセイを書いてる。

On a Slow Boat to China
I’d love to get you
On a slow boat to China,
All to myself alone;
Get you and keep you in my arms evermore,
Leave all your lovers
Weeping on the faraway shore.

 

Out on the briny
With the moon big and shinny,
Melting your heart of stone.
I’d love to get you
On a slow boat to China,

All to myself alone.

中国行きのスロウ・ボートに
君を乗せられたらな。
そして僕だけのものにできたらな。
腕の中に君を抱いて
いつまでも離さない。
ほかの男たちなんぞ
岸辺で涙にくれていればいい。

 

僕らは海原の真ん中にいて
空には大きな月が輝き
君の固い心を溶かしてくれる。
中国行きのスロウ・ボートに
君を乗せられたらな。
そして僕だけのものにできたらな。

(村上春樹訳)




 

【読書】ゲイ視点で読む村上春樹~『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
久しぶりに村上春樹を読んだ。「色彩を~」だけど、いやぁ、驚いたな。何が驚いたって、ゲイ小説のような描写が...。まぁ、ここら辺は物語の本質には直接関係してこないんだけど。この小説のテーマは「生きるとはどういう事か?」を問いかけてるんじゃないか。
【読書】村上春樹のエッセイはブログを書く人間にとって一つの教科書かもしれない!って話
村上春樹のエッセイ『村上ラヂオ 2』を読んだ。小説と同じく独特の空気感が有って面白く読んだけど、ふと思ったのは、村上春樹のエッセイは雑記ブログの文章の手本になるんじゃないか?って事。何かに特化してる訳でもないブログには、こんな文章が似合う。
【音楽】聴いて損はない名盤中の名盤。コルトレーンの『バラード』に酔う!って話
ジャズで何かお薦めの一枚を訊かれたので、思案の末に出した答えがコルトレーンの『バラード』。名盤中の名盤だと思ってるんだけど、サックスを吹いてるんじゃなくて、サックスで唄ってる!情感たっぷりのコルトレーンのサックスはジャズ初心者にお薦めって話。
ビートルズを演奏したくなった!って話
youtubeの動画を観て、数十年ぶりににビートルズ熱がが再燃!ビートルズをギターで演りたい。子供の頃のビートルズとの出会いの想い出の他に、ギターを探しに行った話、仕事場でバンドを組もうと声をかけた話・・・。う~ん、オジサンだと若者に敬遠されるのか?(涙)でも、ビートルズは医大だろ!って話。
【音楽】バブル世代のオジサンがサザンの音楽について想う事~愛はスローにちょっとずつ
サザンの新曲がリリースされたけど、考えてみるとオレの世代ってサザンがデビューしてからずっと見てきてる。デビュー時はコミックバンド扱いだったのが、今や国民的バンド。そんなサザンの音楽について想うところを少しだけ書いてみる。存在が大きすぎて書ききれない。

 

 



 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain