また一人、昭和を代表する才能が亡くなってしまった。はしだのりひこさんの話

今朝の新聞を見てたら、皇室会議で天皇陛下の退位が2019年4月末、5月1日改元の方向で固まったそうだ。
なんか感慨深いものがある。次の元号は、まだ発表もされてないけど、平成31年で終わるんだな。
小~中~高~大と昭和を生きてきたオレには、ますます昭和が遠くなる(涙)
まぁ、平成だって現在29年だからな。
平成元年に産まれた子も、今は30歳前か・・・。
オレも歳をとるハズだww
なんて事を考えてたんだけどね。
夜、なんとなくニュースを見てると、こんなニュースが・・・。

また一人、昭和を代表する才能が亡くなってしまった。
平成生まれの人で、はしだのりひこさんを知ってる人は少ないだろうし、彼の曲を唄える人も少ないだろうけど、昭和期の優れた才能の一人だ。
オレもリアルタイムで観たり聴いたりしてないけど、子供の頃はよくレコードで聴いてたし、学生時代にも友達とギターで遊ぶ時にはよく唄った。
たとえば、この曲『風』・・・。


昭和44年の曲だから、オレだって産まれるかどうかって時の曲だけど、これは大名曲
小学校や中学の合唱コンクールなんかでも唄ってたし、ギターの練習をするのにも、この曲を何度も弾き語りしたり・・・。学生時代に友達とギターで遊ぶ時には、必ず唄ってた。もうね、何度唄ったか分からないぐらい唄ってる。
メロディーを聴けば、あ~、これかっ!って思う人も居るかもしれないけど、超有名な曲だ。
でね、メロディーも良いんだけど、が良いんだよなぁ。

『風』はしだのりひことシューベルツ

人は誰も ただ一人旅に出て
人は誰も ふるさとを振りかえる
ちょっぴりさみしくて 振りかえっても
そこにはただ風が 吹いているだけ
人はだれも 人生につまずいて
人はだれも 夢破れ振りかえる


プラタナスの 枯葉舞う冬の道で
プラタナスの 散る音に振りかえる
帰っておいでよと 振りかえっても
そこにはただ風が 吹いているだけ
人は誰も 恋をした切なさに
人は誰も 耐え切れず振りかえる


何かをもとめて 振りかえっても
そこにはただ風が 吹いているだけ
振りかえらず ただ一人一歩ずつ
振りかえらず 泣かないで歩くんだ
何かをもとめて 振りかえっても
そこにはただ風が 吹いているだけ
吹いているだけ 吹いているだけ

人生の応援歌というか、そんな大袈裟なモノじゃなくても、生きていく上での「人の在り方」「無常感」を唄ってる。
大好きなのだ!
昭和を代表するフォーク歌手っていうと、もちろん井上陽水やら吉田拓郎岡林信康・・・いろいろな人が居るけど、オレにとってははしだのりひこさんも特別な一人だ。
特別な思い入れがあるのは、
もしかしたら、オレの先輩になってたかもしれない
からな。
受験の時に同じ大学を受験したww まぁ、京都よりも東京に出たかったから、同窓にはならなかったけど、京都の方に行ってればオレと同窓だ。感傷に浸るわけじゃないけど、同じキャンパスを歩いてみたかった(泣)こんな曲を生み出すキャンパスとか・・・
ステキ過ぎるだろ!
このシューベルツだけど、杉田次郎さんなんかもメンバーの一人だ。この人も京都の学校なんだけど(はしださんとは別の大学)、オレ、こっちも受験してるからなww 東京に行かなかったら、はしだんか杉田さんの同窓になってた可能性大なのだww
杉田次郎さんは『戦争を知らない子供たち』で有名だから、これは知ってる人も多いかもね。

 

シューベルツの前には、フォーク・クルセダーズのメンバーとして活躍してるんだけどね。
クルセダーズ・・・すごい名前だな。
十字軍!
まぁ、他には社会活動家って意味もあるみたいだけど・・・。
で、フォーク・クルセダーズの代表曲と言えば、これだろ。
『帰って来たヨッパライ』だ・・・。


この曲はコミック・ソングになるのかなぁ。
なんか奇想天外な歌詞で、子供心にも思ったもんな・・・
この曲はヤバい!
詩の内容をwikiさんから引用すると、

飲酒運転で交通事故を起こして死んだ、東北弁を話す「オラ(自分)」が長い雲の階段を通って天国へ登るが、その天国でも酒と女に浮かれてばかりだったため、「怖い神様(関西弁を話す)」からの「お仕置き」で天国を追い出されて(めでたく?)生き返る顛末

を唄ってるんだけどね。
テープの高速回転と、一度聴いたら頭にこびり付く甲高い声・・・子供には刺激が強い歌だったな。
さすがにこの曲をギターで弾き語りしたことはないぞ。
他にも名曲はたくさんあって・・・
『悲しくてやりきれない』なんてのも好きだな。

この記事を書くためにyoutubeをいろいろ探し回って、いろいろなフォーク・ソングを聴いたけど、
懐かしすぎる!(涙)
リアルタイムで聞いてない曲でも、どこか懐かしい・・・。
どれも昭和の匂いのする曲たちだ。
何度も書いてるけど、
日本には、懐メロは有るけど、スタンダードは無い!
はしだのりひこさんの曲も、懐メロになるんだよなぁ。
でも、懐メロでも良いじゃないか、と思ってるぞ。
『風』を聴いて、オレみたいに青年時代を思い出す人が居れば、それで良いのだ!
今日は、はしだのりひこさんのご冥福を祈って、一晩中、彼の曲を聴くぞ。
hashida-norihiko171202a
いつものバイト君の下書きチェックだ。

バイト君:昭和44年・・・
大昔すぎて、想像できないww

オレだって産まれるかどうかだわ(泣)

バイト君:まぁ、たしかに聴いた事はある曲ですね

だろ!
名曲だろ!?
しかも、可愛いだろ!?
今日は一晩中、聴くぞ(涙)

バイト君:・・・・・・
やっぱり、ルックスも関係してたんですか!

当たり前だわ!
『風』を小汚いブサイクが唄っても、感動しないだろうが!
曲の雰囲気に合わない!

バイト君:・・・・・・



 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain