『孤独のグルメ』の真似をしてみたけれど・・・って話(喫茶店 蛮加無)

これまで知らなかったんだけど、けっこうな人気番組で『孤独のグルメ』ってのが有るらしい。テレビ東京で放送されてるそうで、一応はドラマ仕立てなんだけど、松重豊演じる井之頭五郎がいろいろな店に行っては、美味しいモノを食べるって話だ。

そういうモノには全然興味が無かったんでね、観た事はなかったわけ。
ところが4~5日前かな、Amazonプライム・ビデオを開いてみると、この『孤独のグルメ』が配信されてた。
何か映画でも観よう、って思ってプライム・ビデオを開いたんだけど、この『孤独のグルメ』が、なんとシーズン7まで配信されてるじゃないか。


素直に思ったんだけど・・・
シーズン7まで作るって、これ、そんなに人気番組なのか!?
プライム会員ならシーズン6までは無料で観れるようになってる。いろいろなブログでも取り上げられてる番組だし、ちょっと興味も出てきた。
って事で、とりあえずシーズン1を観てみたんだけど・・・
面白いやんか!
30分番組なんだけど、シーズン1を全部観るために徹夜してしまった。

『孤独のグルメ』ってのが、どんな番組かというと、いつものように軽くwikiさんから引用・・・

個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画である。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴である。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行する。

なるほど、元々は漫画が原作らしい。
主人公の中年男を演じる松重豊は、いつも腹を空かせてるんだけど、仕事の合い間に適当に入った店のグルメレポートが骨格の番組だ。その店で出される料理を食べながら、主人公がボソボソと心の中で感想を述べるんだけどね。
この料理が、どこの店も美味そう!
主人公の店選びに失敗が無いのだ(まだシーズン2までしか観てないから、この先、失敗が有るかもしれないけど)。
この番組、何が気に入ったかというと・・・
主人公が一人で食事するから!
いろんな店に行くんだけど、いつも一人ww
これ・・・
オレと重なる!ww
ただ、オレと決定的に違うのは、『孤独のグルメ』の主人公は、初めての店でも平気で入って行くけど(そして、いつも大満足する)、オレの場合はよほどのことが無いと初めての店には行かない
昼飯なんかコンビニの弁当か吉野家かお気に入りのラーメン屋か、もしくはマクドナルド・・・。昼飯なんか、たいてい一人で食べるけどドラマの主人公みたいに冒険はしない。いつも決まった店だ。
だけどね、こういうドラマを観ると、多少は影響されるみたいで、
たまには行った事のない店に行ってみるか・・・
なんて思ってみたりもするわけ。
って事で、行ってみたぞ・・・。

 

『孤独のグルメ』の主人公は店に入る前に、店構えなんかも吟味して、美味しいか美味しくないかを考えたりもしてるけど、オレもいくつか有る候補の中からオレの感性にピンとくる店をピックアップだ。
で、決めたのは、ここ・・・。
蛮加無(バンカム)!

f:id:masa10t:20180611184116j:plain
店の名前が気になってたんだよね。
蛮加無って、当て字もいいとこだけど、なんとなく美味そうなランチを出しそうな予感。『孤独のグルメ』の主人公・井之頭五郎なら、
ほぉぉぉ、なかなか良い名前だ!
なんて、ボソボソと言いそうだろ。
外観も津市にしてはオシャレな感じがするし、前から気になってたのだ。
この店、普通の戸建て住宅のような作りをしてるんだけど、入口も普通の家みたいな感じだ。

f:id:masa10t:20180611184633j:plain
狭い駐車場にゴリゴリと車を押し込んで、いざ店の中へ突撃だ。
いらっしゃいませ~!
の声に促されてテーブル席へ。
訊いてみたぞ。
喫煙席はどこ?
もうしわけありませ~ん!
全席禁煙なんです~^^
・・・・・・
帰りたくなった(泣)
メシを食べた後、ゆっくりとタバコでも吸いたいと思ってたのに・・・。だけどなぁ、今さら、タバコ吸えないなら帰ります、なんて言えない。すでに店の中央まで入ってるし・・・。
でか、写真をアップロードする時に気づいたんだけど、入口に禁煙のシールが貼られてるやんんか(涙) 『孤独のグルメ』に気を取られすぎて、禁煙シールに気がつかなかった(涙)
仕方ない・・・。
適当にテーブルに座って、「日替わりランチ」を注文。
お飲み物は何になさいますか?
うん、アイスコーヒーだ。
店内を見まわしてみると、なんか調度品がチグハグな感じだな。
目指してるところは何となく解るんだけど、なんかズレてるというかww

f:id:masa10t:20180611190135j:plain
中に入ってみると、案外と広い店で、客の入り具合は半分程度といったところか・・・。

f:id:masa10t:20180611190413j:plain
でね、もっと気になったのが、
あっちもこっちも・・・
年寄りが座ってる!
ここは、年寄りのたまり場か!?
なんか嫌な予感がしてきたww
いや、別に年配者を馬鹿にしてるわけじゃないぞ。ただ、この店に来てる年配者の雰囲気が・・・
モロに場末感!
どんな雰囲気の人かはわかるだろ?ww
こりゃ、失敗したかなぁ・・・
と思ったのは当たり前だ。
まぁ、メシが美味ければ問題ない。とりあえずランチが運ばれて来るまで、新聞か週刊誌でも読もう。入口の近くに置いてあったブックスタンドへ行ってみた。
・・・・・・
置ている本がボロボロ!
週刊誌なんか表紙が取れかかってるじゃないか・・・。
こんなもん読む気も失せる。
仕方なくテーブルに戻ってランチが運ばれてくるのを待ったぞ。
こんな時、井之頭五郎だったら何て言うんだろうな。まぁ、彼の一番の目的は料理だから、こういう事には頓着しなさそうだけど。

待つこと10分。
日替わりランチが運ばれてきた。

f:id:masa10t:20180611191508j:plain
先にお値段を書いておくか・・・。
950円・・・。
飲み物が付いて950円・・・。
忌憚のない意見を言うけど、
高いだろ!ww
味噌汁なんか油揚げしか入ってないぞ。メインの野菜炒めだって量が少なすぎる。
これ、『孤独のグルメ』だと井之頭五郎が、
おお!
こう来たか!
これは美味い!
なんて事を心の中でボソボソ言う場面だけど、とてもじゃないけど、同じ台詞は出てこなかったww
トドメが食後に出されたアイスコーヒー。

f:id:masa10t:20180611192448j:plain
薄すぎる!
これ、水で薄めてるのか!?
ってレベルの薄さだ(泣)
表の看板には「珈琲を愉しむ店」って書かれてるのに、まったく美味しくない。
愉しむどころか不機嫌になってしまった。
こんなんで950円とか高すぎると思うけどね。
せいぜい650円がいいとこだ!

まぁ、この辺りは他に食事できる店もないし、ある意味、殿様商売なのかもしれないけど・・・。


あれだな、いつか井之頭五郎が失敗する場面を観たいと思ってる。
マズくて高い店に入った時に、彼が何て言うのか興味ある。
オレはしばらくは、『孤独のグルメ』の真似はしないぞ。どうせ一人で食べるなら、安定のマクドナルドの方がよっぽど美味いからな。

 

いつものバイト君の下書きチェックだ。

バイト君:いつも新しい店に行っては文句言ってる・・・

外観に騙されたのだわ
まさか年寄りのたまり場とは・・・

バイト君:そもそも、まわりにライバルの無い店に期待する方が悪いんです!

外観がオシャレだったから・・・

バイト君:『孤独のグルメ』は外観で店を選んでないでしょうが!
あくまでも井之頭五郎カンでしょ!

カン・・・

バイト君:カンが鈍すぎるんですってば!
だから、競馬も当たらない!ww

・・・・・・

 

 

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain