終戦記念日なので「日本のいちばん長い日」の話。

終戦記念日なんでね、今回は映画の話。この日に関する映画というと、これだな・・・
「日本のいちばん長い日」だな。
この映画、1967年公開のものと2015年公開のものと有るんだけどね、1967年のものは、もう何年も前に観てるけど、今回は2015年公開のものについて書いてみようか。
原作は半藤一利の同名ノンフィクション
昭和天皇と閣僚が御前会議で降伏を決定した8月14日から、宮城事件、ポツダム宣言受諾を知らせるラジオ放送までの24時間を描いたものだ。24時間の混乱を描いてるノンフィクション
思想的な立ち位置は置いておくとして、わりと史実に忠実に書かれてる。で、2015年に二度目の映画化されたのが、これだ・・・。

この映画の見どころは、三人の俳優の演技。
役所広司山崎務本木雅弘の三人だ、
陸軍大臣・阿南惟幾(あなみ これちか)を演じる役所広司。

これは上手い!

徹底抗戦を唱える陸軍において、天皇の意思を受けてポツダム宣言受諾、終戦へと導かざるを得ない大臣の苦悩を好演。
歴史上の人物で好きな人を挙げる、なんてアンケートだと、たいがい織田信長だとか豊臣秀吉なんてのが上位に入るんだろうけど、オレは阿南惟幾を入れる事が多いぞ。
この人を題材にしたドラマなんかも作られてたけど、あの戦争を終結に導いた立役者の一人だと思ってる。
本土決戦を唱える陸軍を代表して閣議に臨む姿は緊迫感がある。この映画では、阿南大臣の本音(徹底抗戦か降伏)は描かれていないけど、陸軍と天皇の意思(御前会議の結論)の板挟みになって、苦悩する姿がたまらない。
8月15日に陸相官邸で自決してるんだけど、その時の血染めの遺書を靖国神社・遊就館で見る事が出来る。

yasukuni170815abc

有名な言葉だけど、

「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」

って書かれてる。
こういう本も有ったな。ドラマ化もされてるけど、「一死、大罪を謝す」だ。

オレに息子が居たら、名前は惟幾って名付けたかもな。
光宙(ぴかちゅう)やら龍飛伊(るふぃ)なんていうDQNネームよりもよっぽど良いだろ!



 

先日も書いたけど、役所広司はいよいよ名優の域に達してきたな。山本五十六阿南惟幾、陸軍と海軍の両軍人を演じた俳優はそんなに居ないだろ。というか、軍人以外の役どころも観てみたいぞ。

続いては総理大臣・鈴木貫太郎を演じた山崎務

この人、こんなに演技が上手いの!?

ビックリしたぞ。徹底抗戦か降伏か、紛糾する閣議をまとめる鈴木首相を飄々と演じてる。
陸軍の手前、就任当初は徹底抗戦の姿勢を見せながらも、終戦へと導く確固たる信念。

ここにも偉人と呼ばれても良い人物が居るのだ。

偉人って言うと、何も戦国時代やら明治維新の人間だけじゃない。

こういう信念の人が居るから、今の日本が有ると言っても良いだろ。

今までのイメージを覆すような演技だったなぁ。
それに加えて驚いたのが本木雅弘演じる昭和天皇。こういう映画だと誰かしらが天皇の役を演じるんだけど、まさかの本木雅弘だからな。で、これが妙にハマッてる。「おくりびと」の時に初めて彼の演技を観て、へ~、なかなかやるな!って思ったけど、今回の役はよく研究してると思ったぞ。
話し方やらしぐさなんか、まったく違和感ない。表情も抑制の効いた演技で見応えがあったな。

752914582e74cc0b5947946d877cjapan115

って事で、この2015年版の見どころは三人の演技なんだけどね。
じゃぁ、映画としての出来はどうか?っていうと・・・

う~ん、オレは1967年版の方が好みだ。

こちらの方が、深みが有るんだよなぁ。
たとえば、どちらも徹底抗戦を主張する陸軍の青年将校が描かれてるんだけど、2015年版は、描写が淡々としてるというか、ただ時系列に沿って描いただけというか、なんか物足りない。
2015年版の方は畑中健二(少佐)松坂桃李が演ってる。頭を坊主にして熱演だと思うけど、なんか暑苦しい・・・。

過剰演技だ。

それに対して1967年版は同じ役を黒沢年男が演じてる。どちらも暑苦しいんだけど、黒沢の畑中少佐の方が「狂気」じみていて怖ささえ感じさせる名演だ。
他にも細かな事まで描き込まれてる印象が1967年版の方だ。小さな出来事を丁寧に描いてる。
2015年版の方は、やや駆け足かなぁ・・・。

かと言って、駄作じゃない!

戦争を終わらせるために、あの一日に何が有ったのかを知る映画としては、観ておいて損はない映画だと思うけどね。

先人たちのこうした努力の上に、今の平和が有る事を忘れちゃいけないと思ってるぞ。

 

ちなみに1967年版の方も豪華キャストだ。
阿南惟幾三船敏郎鈴木貫太郎「東京物語」笠智衆米内海軍大臣山村聡、陸軍の井田中佐に高橋悦史・・・。仮面ライダーの悪役「死神博士」を演じてた天本英世なんてのもキチガイじみた横浜警備隊の隊長役で出てる。

 

 

【映画】風化させてはいけない歴史。『あゝひめゆりの塔』を観て日本の8月を感じる!って話
日本の八月は海だ山だとレジャーに賑わうのも良いけど、忘れちゃいけない歴史もあると思ってる。って事で吉永小百合主演『あゝひめゆりの塔』を観た。主人公が綺麗すぎるのがアレだけど、概ね史実に基づいた描写は日本人なら観ておいて損はない映画だと思うぞ。
【映画】憎しみと慈悲、揺れ動く男の心情を描いた傑作『ヒトラーの忘れもの』
Amazonプライム・ビデオでお薦めされたので『ヒトラーの忘れもの』を観た。タイトルが示す通り、戦争ものだけど下手に反戦をゴリ押しするわけでもなく、かと言って「お涙頂戴路線」でもない。淡々とか描かれてるんだけど内容は深いという、良い映画だ。

次回の予定~
「文武両道」って何だ?
下関国際高校の炎上で思ったこと。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain