映画「パワープレイ」は、知る人ぞ知る傑作!

この映画を初めて観たのは、たしか小学生の頃だ。テレビの洋画劇場で放送してたのを何気なく観て、すっごい衝撃を受けた。
最後のシーンの衝撃、これは小学生のオレにもかなりのインパクトを与えたなぁ。
それから、ず~っと頭の片隅にメモしてたんだけどね、

DVDが発売されたら買おう!

なかなか発売されなくて、レンタル屋にも置いてなくて、モヤモヤしてたんだけど、数年前に発売されたので即購入したぞ。
それが、この映画・・・。

パワープレイ [DVD] パワープレイ [DVD]
ピーター・オトゥール,デヴィッド・ヘミングス,ドナルド・プレザンス,マーティン・バーグパラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
売り上げランキング : 40030Amazonで詳しく見る by AZlink

「パワープレイ」っていう映画だ。
今日は大雨だし外にも出たくない。時間はあるし・・・って訳で、自宅に居たんだけど、久しぶりに「パワープレイ」を観た。

いやぁ、すごいわ・・・。

この映画があまり知られてないのが不思議。
これ、かなりの傑作だと思うんだけどな。
タイトルが示す通り、パワー(権力)に魅せられた男たちの息づまる戦いだ。

 

まずは、Amazonさんからストーリーの引用・・・。

テロの続く軍事政権下のヨーロッパ某国。ついに起きた経済大臣の誘拐殺害事件を機に、大統領はテロリスト一掃命令を下すが、秘密警察の方針は無関係の犠牲者も次々と出していた。政府の方針に危機感を抱くルソー教授は退役間近のナリマン大佐にクーデターを持ちかけるも危険すぎると判断されてしまう。だが、知人の娘が捕らえられ拷問の末に殺されたことを知ったナリマンは考えを改め、極秘裏に陸軍内から同志を集め始める。そしてゼラー大佐率いる戦車大隊が加わった事で戦力を得たナリマンたちは、ついにクーデターを決行するのだが…
クーデター映画の金字塔にして、戦争アクションの傑作。
秘密警察とクーデター派の諜報戦、そして戦車が進撃するスペクタクルは必見!

大筋はこの説明で合ってるけど、う~ん、この映画の良さを伝えきれてない。
まずね、この映画は2時間に満たない(102分)の映画だけど、濃密なのだ。
カナダ陸軍の全面協力で撮影されてて、戦闘シーンはCG全盛の今でも充分に楽しめる迫力。というか、CGの嘘っぽさが無いだけ、かなりリアルだ。オレはCGは嫌いだからな。
後半の戦闘シーンに至るまでの、静かな駆け引きもハラハラドキドキで、引き込まれるんだよなぁ。
出演陣も豪華だ。「アラビアのロレンス」で有名なピーター・オトゥール(この人、大名優!)やら「大脱走」にも出てたドナルド・プレザンス等々、渋い俳優陣が出ててさすがの演技を見せてる。

 

政情不安が続くヨーロッパの小国。退役を間近にしたナリマン大佐はクーデター計画を立てるんだけど、仲間を集めていくシーンなんかもリアルだ。クーデターを成功させるためには、ゼラー大佐(P・オトゥール)率いる戦車部隊の協力が不可欠。この辺りの描写、ジワ~ッと汗が出てくるような緊迫感だぞ。空軍の将校なんかの協力も取り付けて、いよいよ計画は加速していく。そこへ不穏な空気を察知した秘密警察の長官(D・プレザンス)が現れて・・・。

前半だけでも見どころがてんこ盛り!

ついにクーデター計画が実行に移されて、戦車が進撃していく・・・。

powerplayto001

これ、オレの中では名シーンだな。

なにしろ、ゼラー大佐(P・オトゥール)がカッコイイ!

渋い・・・。

「カサブランカ」ハンフリー・ボガートも渋いけど、渋さの種類が違う!
ボギーの渋さは、どこか女性を惹きつけるフェロモンがプンプンしてるけど、こちらの渋さは触れば火傷しそうな渋さだ。
昔、オレが学生の頃だけど、ある知人がロックバンドを組んでたんだけどね。
そのバンドの名前が・・・

ゼラー・バンド!

もしや?と思ってバンド名の由来を聞いたんだけど、やっぱり「パワープレイ」ゼラー大佐に感化されて名づけたらしい。それぐらいカッコイイのだ。
そういうオレも、某SNSなんかでは、ハンドル名をゼラーなんてしてた時期もあったww

 

100分チョイの映画に、これだけ詰め込んでるのに嫌味じゃない。この濃密さは心地よい。
そして、なにより凄いのが、最後の最後のどんでん返し!
ラストシーンは、秘密警察の本部なんだけどね、壊れたテープレコーダーが回り続けてる・・・。
そのテープの音声は・・・

これ、度肝を抜かれたな。

どんでん返しが大好きなオレも、これには、ぶったまげた。
映画の中で、このテープの解読ってのが一つの鍵になってるんだけど、ラストでついに解読されてるわけだ。その内容が、まさか、まさかのどんでん返し!

このシーンは、一見の価値あるぞ!

涙を誘う映画、恋愛映画、反戦映画、観客に何かを問いかける映画・・・映画にはいろいろ有るけど、純粋に娯楽作品として楽しめる映画だ。
「パワープレイ」って観た事ない人が多いだろうけど、娯楽作品としては一級品だな。
最近はレンタル屋さんにも置いてる所もあるらしいから、観てない人には、ぜひ観て欲しい映画だ。

1e4e2851c00e913f8a45f2a50400e5af_m

そういえばクーデターを扱った映画っていろいろ有って、日本の映画だと「二・二六」ってのが有名かな。これは史実に基づいた映画(二・二六事件)だけど、こちらも、まぁまぁの見応えはある。ただ歴史上の事件だし結末が分かってるだけに、ちょっと迫力不足なのは否めない。
邦画でオススメなのは、「皇帝のいない八月」だ。原作は小林 久三のベストセラー小説。高校生の頃に読んだけど、この本、今でも手に入るんだろうか・・・。小説を映画化すると、たいてい期待ハズレって結果になりがちだけど、この映画はよく出来てたな。現代の自衛隊がクーデターを起こす、っていうフィクションだけどね。

やっぱり戦争映画は、男心をワクワクさせる!

 

アラビアのロレンス (1枚組) [SPE BEST] [DVD] アラビアのロレンス (1枚組) [SPE BEST] [DVD]
ピーター・オトゥール,オマー・シャリフ,アレック・ギネス,アンソニー・クイン,デビッド・リーンソニー・ピクチャーズエンタテインメント
売り上げランキング : 20419Amazonで詳しく見る by AZlink
大脱走(2枚組) [DVD] 大脱走(2枚組) [DVD]
スティーブ・マックィーン,ジェームズ・ガーナー,チャールズ・ブロンソン,リチャード・アッテンボロー,ジェームズ・コバーン,ジョン・スタージェス20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2017-08-02
売り上げランキング : 20985Amazonで詳しく見る by AZlink
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 皇帝のいない八月 [Blu-ray] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 皇帝のいない八月 [Blu-ray]
渡瀬恒彦,吉永小百合,三國連太郎,高橋悦史,山本薩夫松竹
売り上げランキング : 16202Amazonで詳しく見る by AZlink

 

【映画】憎しみと慈悲、揺れ動く男の心情を描いた傑作『ヒトラーの忘れもの』
Amazonプライム・ビデオでお薦めされたので『ヒトラーの忘れもの』を観た。タイトルが示す通り、戦争ものだけど下手に反戦をゴリ押しするわけでもなく、かと言って「お涙頂戴路線」でもない。淡々とか描かれてるんだけど内容は深いという、良い映画だ。
【映画】第二次大戦下のエンスラポイド作戦を描いた秀作『ハイドリヒを撃て!』を観た!って話
第二次大戦中に実際に起こった暗殺事件を基にして作られた映画『ハイドリヒを撃て!』を観た。実話に基づいてるだけあって、下手なストーリーよりも重みがある良い映画だった。同じ事件を題材にしてる『暁の7人』と比べてしまうけど、こちらも及第点の映画だ。

 

コメント

リンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

f:id:masa10t:20181113063452j:plain